アンサンブル☆ミルキーウェイ


アンサンブル☆ミルキーウェイとはボランティアの演奏活動を主体とした演奏団体です。皆、音楽が好きで、その音楽が皆さんのお役に立てればと思っております。メンバーは趣味が高じて演奏活動をしている者から、ボランティアに興味がある者、音大出身の者まで、さまざまな人々から構成されています。
ミルキーウエイは英語で銀河、天の川を意味します。今まで、「せせらぎ」とか「流れ星」とかその場で名前をつけていましたが、プログを立ち上げるにあたり、アンサンブルミルキーウエイと改名し、統一することにしました。
私たちの演奏を通して、人間の無限の可能性や希望を感じていただけたらこれほど嬉しいことはありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2014(H25)7月小学校でコンサートを開催

2014(H26)7月
下記小学校で親子で楽しむコンサート(弦楽四重奏)を開催。
7月28日(月)大田区立小池小学校夏休み小池クラブに参加。
7月30日(水)大田区立池雪小学校池雪わくわくスクールに参加。

弦楽四重奏に用いられる楽器について説明し、弦楽器特有の奏法、グリッサンド、ピッチカートなどを使った曲を聴いてもらいました。2、6、7のプログラムでは、作曲家が音でどんな生き物を表現しているのか当ててもらってから、聴いてもらいました。

5の「いつも何度でも」では、コンサートに参加した児童、保護者に鈴、タンバリン、トライアングルを配って、一緒に合奏しました。

毎回、子どもたちの声を直接聞きたくて、アンケートをとっていますが、今回は用紙びっしり書いてくれた6年生のお子さんがいましたので、一部ご紹介したいと思います。
「…ハイドンはどんな人なんだろう。
鳥のイメージが伝わる曲だと思いました。鳥の人生のよう。バイオリンの1つ1つが1羽の小鳥のよう。
カエルの気持ちになることができました。ピョコピョコ飛んでいるカエルのようだなぁ~。生き生きとするカエルの様子が伝わってくる。…」
201407小学校夏休みコンサート
親子で楽しむコンサートプログラム
1.アイネナハトムジーク/モーツアルト
2.ねこのワルツ/アンダーソン
3.ピッチカートポルカ/ヨハン・シュトラウス
4.セレナーデOp3No5.1楽章/ハイドン
5.いつも何度でも
6.鳥Op33No1.1楽章/ハイドン
7.かえるOp50No6.4楽章/ハイドン
8.トトロ



スポンサーサイト
学校 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。